よもぎ蒸しのタイミング

For-restサロン大久保です。

「よもぎ蒸し」は頻度よりも定期的に続けることが大切になります。

継続して行うことで血液循環や身体の機能が安定し、徐々に体質が改善されていくので、続けることを意識した方が良いですネ。女性の身体は季節問わず冷えやすい方がとても多いです。

 

 

自覚がない方でも内蔵が冷えてるという方もおられるようです。

 

身体の冷えは不妊に限らず女性の身体にあらゆる悪影響を与えてしまいます!!

少しでも緩和できるよう、よもぎ蒸しやインディバを活用され整えていかれると良いです(^_-)-☆

 

妊活中の方へ

よもぎ蒸しをするベストタイミングは、排卵前が良いといわれています。排卵前の低温期に下腹部を温め、黄体ホルモンの分泌を促すことで子宮内膜を厚くし、妊娠しやすい状態へ導きます。

排卵後、女性の体は高温期に入りますがここで体温のリズムが整い体温が上がる場合は必要以上に温める必要もないかと思います。リラックス目的で背中などに浴びる程度が良いでしょう。リズムが整っていない方は温度設定を低温にしながらも入って頂きリズムがつかむようにしていきたいところです。

妊娠を希望される方へ

妊娠を希望される方は、頻度としては、生理が終わった直後に1回その後排卵日までの間に2回行うのが良いと言われてます。回数券をお持ちの方はあまり5回をしっかり使わなくちゃと意識せず、月に最低でも3回は蒸されようという感じで大丈夫かと思います。安静を要する時期とは妊娠初期と言われる判定日以降です。それまでは、できる限り子宮や卵巣を冷やさずに、血液の巡りを良くして、卵巣や子宮に栄養をしっかりと送り続けることが大切ですね。

※判定日を過ぎても生理が来ない場合は念のためよもぎ蒸しや施術はお休みをして頂いております。

また、生理前のPMS(月経前症候群)の不快な症状がある時はむくみが出たり、便秘になったり、イライラしたり、頭痛がしたり、、と不快な症状が現れます。そんな時はストレス解消のよもぎパックがお薦めですのでそこで2回分を使う感じになるかと思います。

 

※よもぎ蒸しは、あくまで医療とは違うので、妊娠を望んでいる場合、タイミングで不安や疑問を感じたときは、医師やかかりつけの婦人科などに相談してみてください。

よもぎ蒸しは、妊娠しやすい体作りの手助けをしてくれると思っていただけると幸いです♡

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です